あれ、昨日まで100円台だったのにドンドンあがってきてる?なんて事があってもすぐに乗っかってはいけません。急に空売りされてとてつもない損をするかも知れませんよ?

仕手株で儲けてルサールのレンズ狙うより東京海上銘柄を

株取引をしていると大きな利益を出したいと思うものですが、大きな利益を出そうとするとそれだけ大きなリスクを背負わなければなりません。
そして、その中でも特にリスクの高いのが仕手株を購入することで、材料も無しに上昇している銘柄というのは人為的に株価を操作されている可能性が高く、操作をしている仕手筋が抜けてしまえば株価の上昇となる要因が無くなってしまうので、元々がボロ株ということもあり株価は急降下して大きな損失を出してしまうことになります。

仕手株に狙われやすいのは先行きの見通しが立たないボロ株が多いので、再度仕手株にでもならない限り上昇する可能性は低く、配当なども出ない銘柄がほとんどであるため、塩漬けにするにしてもただ無駄にお金を拘束されるだけであり、損切りをするにしても切るに切れないぐらいの含み損になっていることから簡単に決断を下すことが難しくなってしまいます。

仕手株で儲けてルサールのレンズを買ってやろうと意気込んだ結果として、大きな損失を出してしまうのでは意味がありませんから、ルサールのレンズを株の儲けで欲しいと思った時には東証一部の大型銘柄で右肩上がりで株価が伸びている東京海上のような銘柄を選んでみるとよいでしょう。
東京海上は値嵩株であるため、値動きの比較的おとなしい東証一部にしてはそれなりの値幅もあり上手に投資をすれば、仕手株ほどではありませんが短期間でレンズ代を稼ぐことも不可能ではありません。
また、多少株価が下がってしまっても企業としての業績は仕手株に選ばれるような銘柄とは比べ物にならないほど安定しているので、塩漬けにするようなことがあっても配当などもありそれほど大きな痛手を負いにくいという利点もあります。