あれ、昨日まで100円台だったのにドンドンあがってきてる?なんて事があってもすぐに乗っかってはいけません。急に空売りされてとてつもない損をするかも知れませんよ?

仕手株は無償割り当てや増税後など関係なし

仕手株というのはいつ行われるのか読むことができれば、それに乗って大きく利益を出すことができると考える人もいるかもしれませんが、実際に仕手株がいつ行われるのかということは予測がつきません。
大規模な無償割り当てがあったときであったり、増税後など大きなイベントの後などに動きがありそうな感じもするものですが、必ずしもそのようなことはありません。
むしろ、無償割り当てや増税後などのタイミングというのは、株価に影響を与えやすい時期だけに仕手筋としても、株価の動きを読みづらくなる可能性があるだけに、極力このような時期を避けたいと考える可能性もあります。

その一方で、無償割り当てがあったときであったり増税後には株価に動きが見られやすい時期ですから、市場の注目を集めやすい時期だともいえ、すでに玉集めが終わっているのであればこのような市場の関心を集めやすいことを良いことにここぞとばかりに仕手株を実行してくるということもありえます。
そのため、結局のところどのようなタイミングで仕手戦が行われるのかということは、本尊の考え方や都合によって変わってくるだけに予測をするということは難しいものとなります。
しかし、仕手が本格化する前というのは株価が怪しい動きを見せることが多くなりますから、そのような時に火傷をしない程度に少しだけポジションを取ってみて、大きく吹き上がるというのを待ってみるのもひとつの方法となります。
ただし、どちらにしても仕手株に手を出すというのは大きなリスクのあるものですから、怪しいと思った株は手を出さずにもっと堅実に利益を出すことができそうな銘柄を選んで、極力リスクを抑えて投資をするのが投資の本質となります。