あれ、昨日まで100円台だったのにドンドンあがってきてる?なんて事があってもすぐに乗っかってはいけません。急に空売りされてとてつもない損をするかも知れませんよ?

近畿電鉄と東洋建設株式会社とグリーの仕手株

株式投資を行うほとんどの方は、利潤を追求しています。
その追求の仕方は、人によってことなります。株式は企業業績がよくなれば、配当が増額される期待感から株価は上昇していきます。
逆に、業績が悪化すれば株価は下がっていきます。
上場企業は、利益が出れば株主に対して、利益還元のため、配当を行うことが義務付けられています。
この配当は、最近ではバブル崩壊後の銀行の低金利もあり、今では多くの企業の配当利回りの方が高いのです。
このため、企業の多くでは、株価上昇による利益確定のために、株式譲渡を行うのです。この株式譲渡により多額の譲渡益を得る人もすくなくありません。多くの投資家は配当利回りよりも、譲渡益狙いの人の方が多いのです。
こうした企業業績は、予測がしやすいことから安定性がるといえます。
しかし、こうした安定した株と違い、仕手株があります。
仕手株は、企業業績とは違う目的で、値動きをするため、要注意ですが、過去の仕手株を見ると、近畿電鉄と東洋建設株式会社とグリーなどが仕手株であったといえます。
仕手株かどうかは、すぐに見分けることは難しいものがありますが、過去の日経平均とその企業の株価を調べることで、ある程度確認することができます。
これは、企業業績が急激に回復しているとか、新技術が開発されたとか、こうした目ぼしい買い材料があるならいいですが、こうした理由もなく、日経平均に反比例な値動きをするときは要注意です。
仕手株になりやすい株としては、株式市場における発行株式数量が少ない株式が仕手株になりやすいといわれています。
これは、手頃な株価であれば、発行株式数量が少ないため、値動きもあらいものになってしまうのです。